藤沢市内災害発生情報
2018年8月07日 17時30分

台風第13号に関するお知らせ

 強い台風第13号は、7日12時には八丈島の東南東約480kmにあって、北北西へ毎時20kmで進んでいます。中心気圧は970hPa、中心付近の最大風速は35m/sです。この台風は、8日12時には八丈島の東北東約170km、9日9時には水戸市付近、10日9時には日本の東に達する見込みです。
 関東地方では、台風の影響で、9日昼前にかけて雨が降るでしょう。雨のピークは、台風が最接近する8日の夜から9日朝にかけてで、激しい雨が降る可能性があります。風のピークも、8日の夜から9日朝にかけてで、最大風速は強い所で25m/s前後、最大瞬間風速は35m/s前後の見込みです。
 なお、台風の進路によっては、予測が変わる可能性がありますので今後の気象情報に十分注意してください。

 最新の気象情報については、藤沢市防災気象情報(http://www.micosfit.jp/fujisawa/)をご覧ください。

 土のうは各市民センター・公民館(いずれも分館を除く。)において配備をしています。
 土のうが必要な場合は、各市民センター・公民館(いずれも分館を除く。)までご相談ください。
 配布後の土のうの管理については、今回の台風のみならず、今後の災害に備える意味でも、皆様ご自身で管理をお願いします。

 【御所見市民センター】打戻1760番地の1 : 48-1002
 【長後市民センター】長後513番地 : 44-1622
 【遠藤市民センター】遠藤2984番地の3 : 87-3009
 【六会市民センター】亀井野四丁目8番地の1 : 81-6677
 【湘南台市民センター】湘南台一丁目8番地 : 45-1600
 【湘南大庭市民センター】大庭5406番地の1 : 87-1111
 【善行市民センター】善行一丁目2番地の3 : 81-4431
 【明治市民センター】辻堂新町一丁目11番23号 : 34-3444
 【藤沢公民館】藤沢一丁目9番17号 : 22-0019
 【村岡公民館】弥勒寺一丁目7番7号 : 23-0634
 【辻堂市民センター】辻堂東海岸一丁目1番41号 : 34-8661
 【鵠沼市民センター】鵠沼海岸二丁目10番34号 : 33-2001
 【片瀬市民センター】片瀬三丁目9番6号 : 27-2711

ふじさわ防災ナビ~スマートフォン版「ふじさわ街歩きナビ」
藤沢市公式スマートフォンアプリ「ふじさわ街歩きナビ」です。災害時に災害情報を迅速に配信するほか、平常時は地域情報など配信します。スマートフォンやタブレットでご利用ください。
ふじさわ街歩きナビ
ふじさわ防災ナビ~電子防災マップ
電子防災マップでは避難施設の住所や施設名の他、地図上の任意の場所から一定の範囲を指定する方法など、様々な方法で検索することができます。また、避難経路の距離の計測など様々な機能が活用できます。
津波ハザードマップ
神奈川県が公表した津波の浸水予測区域や浸水深の他、津波避難ビル等を確認できます。
土砂災害・洪水ハザードマップ
土砂災害警戒区域、急傾斜地崩壊危険区域の位置と境川、柏尾川、引地川、目久尻川、小出川の浸水想定区域及び水害避難所等を確認できます。
揺れやすさマップ
南関東地震が発生したときの揺れの強さを50mメッシュ単位で地図上で確認できます。揺れの強さの指標に「計測震度」を用いております。計測震度は、震度のもととなる値で地域の揺れやすさの違いをわかりやすく示すため、色別で分けております。
液状化危険度マップ
南関東地震が発生したときに液状化現象が発生する可能性(液状化危険度)を、PL値を指標として50mメッシュ単位で地図上にて確認できます。液状化現象が発生する危険度を3段階に分け色別で確認できます。
地域危険度マップ
南関東地震が発生したときの建物被害の状況を50mメッシュ単位で地図上で確認できます。建物被害の指標に「全壊率」を用いており、全壊率とは、全壊となった建物の割合を意味します。